陶芸用語集

青織部(あおおりべ)

吉田織部の好みによって作られた織部焼のうち、緑釉を多様したものを呼ぶ。

青手古九谷

古九谷の一種。器表面のほとんど全体を緑,黄、紫などで絵付けした技法。

荒練り

成形の前に粘土に水を加え使う量を手で揉むこと。粘土の両端を中心へ折り込むように揉み、最後に砲弾状にまとめる。

あぶり焚き

窯焚きの時、最初から火力を強くして温度を一気に上昇させると、作品にひびが入ったり、割れたりする。そのため焚き始めはゆっくりと窯の温度を上げていくことをいう。

鋳込み(いこみ)

成型法のひとつ。石膏の型に水で溶かした陶土を流し込み、石膏の吸収性を利用して成形する。複雑な形や薄作りのものに適する。

石はぜ

素地に含まれた小石が焼成中にはぜて表面に露出すること。一種の景色として珍重される。

板起こし

器の成形後にロクロを止めて竹べらで器をロクロの上から起こしとること。

糸切り

ロクロ成形のとき、撚糸(よりいと)を用いて器を台から切り離すが、その切り跡のこと。作品の見所ともなる。

糸底

陶磁器の底のこと。語源は糸切りだが、それだけでなく削りだした高台などもいう。

井戸茶碗

朝鮮半島で焼かれた高麗茶碗の一種。枇杷色の釉が掛かり、高台が竹の節のような形に削り出されている。朝鮮茶碗の最高とされ、茶人に珍重された。

蹲(うずくまる)

その形があたかも人がうずくまっているように見えることから呼ばれるようになった古信楽、古伊賀などの壷。もともとは雑器であるが、茶人が花入れなどに珍重した。

上絵付け

釉をかけて本焼きした後、上絵具を使って絵や模様を書くこと。絵付け後800度位の窯で焼いて定着させる。

頴川(えいせん)

奥田頴川。京焼磁器の創始者。1753年生まれ。門下に木米(もくべい)、道八などを輩出。呉須赤絵の優品を残している。

絵唐津

絵付けのある唐津焼。赤土に鉄絵、灰釉を施す。桃山〜江戸初期のものが珍重される。

鬼板

酸化鉄を含んだ粘土。下絵付けの顔料のひとつ。主に鉄絵に使われる。

かいらぎ

釉がちぢれた様子をいう。焼成不足からできる欠陥だが、それを景色として珍重する。

カオリン

アルミナや珪酸を含む白い陶土でガラス質の硬い素地となる。磁器の原料。

柿右衛門

佐賀県有田の赤絵の開祖。17世紀初期から現代まで十四世に及ぶ。濁手(にごして)と呼ばれる乳白色の素地に赤を始め多彩な上絵を施した作風が特徴。17世紀後半、ヨーロッパに輸出されて、世界の陶磁器界に多大な影響を与えた。

かきべら

ロクロ成形のとき、器の腰の部分や高台を削ったり表面の凹凸を作るために使う道具。

型作り

成型法のひとつ。木、石膏、土で型を作り、粘土を押し当てて成形する。型作りで作ったものを型物という。

片口

酒や油など液体を小さな容器に移すのに便利なように、鉢の一方に注ぎ口をつけたもの。縄文式土器の頃から見られる形で、茶器としても重宝される。

還元炎焼成

窯の中に空気を送り込まず、酸欠状態で焼くこと。素地や釉薬が含む酸化金属が還元され、固有の色を出す。

貫入(かんにゅう)

釉に入ったひびのこと。焼成したとき素地と釉の膨張収縮率が異なるとできる。最初からねらって装飾とする。

菊練り

荒練りで砲弾状にした粘土を両手で交互に回しながら練って菊の花弁のような模様を作ること。粘土の中の空気を完全に抜くために行う。

素地(きじ)

作陶中の粘土、または釉がけ、絵付けの前の肌をいう。

切り高台

高台にへらで切り込みを入れたもの。萩焼などによくみられる。

櫛目(くしめ)

素地に櫛で数条の線をいれ模様とすること。陶芸用の櫛と限らず普通の櫛やフォークを使ってもよい。

沓形(くつがた)

茶碗、鉢。向付などの形で、底部よりも上方が狭まっていて、口は不規則な楕円形になっているもの。

景色

釉の解け具合や火加減によってやきものの表面に表れた計算外の変化をいう。使用中に生じたシミなども「雨漏り」と称して景色となる。

化粧掛け

素地とは異なる色の土を泥奨(でいしょう)にして塗ったり掛けたりすること。黒っぽい素地に白泥を掛けて白く見せたりする。

蹴ロクロ(けろくろ)

足動式のロクロのこと。上下2個の複盤式で、下盤を蹴って上盤で成形する。

高台(こうだい)

碗や皿などの器底の基台となる部分。高台の内部を高台裏、外部の辺を高台脇といい、いずれも鑑賞のポイントである。つけ高台、割高台などの種類がある。糸底ともいう。

焦げ

窯の中で火が器に強くあたって土が炭化し、黒くなったこと。景色のひとつとなる。

こて

ロクロ成形のとき、手ではできないカーブを作るための道具。柄ごて、挽きごて、のばしごて、決めごてなど様々なこてを使い分ける。

呉須

染付や瑠璃釉薬などの藍色を出す酸化コバルトのこと。中国明代末に呉須赤絵、呉須染付と呼ばれた時期があり、総称して呉須手という。

作行(さくゆき)

やきものの出来ばえ、個性といった意味。土質、釉薬、色,模様、形,触感などのやきものの持つ趣を表現する言葉。

さや・さや鉢

本焼きの時に、作品に窯の中の灰やススがかかるのを防ぐために、作品を入れておく素焼きの容器。エンコロともいう。

酸化炎焼成

空気を十分に送り込んで完全燃焼で本焼きする焼成法。還元炎焼成の逆。酸化鉄は酸化炎で焼くと黒から赤褐色に、還元炎では青みを帯びる。

下絵付け

素焼きもしくは乾燥させた素地に柄を描くこと。その後に釉を掛けて本焼きする。染付、鉄絵、釉裏紅(ゆうりこう)などはみな下絵付けである。

素焼き

本焼きするための準備として摂氏800〜1000度くらいで焼き固める行程。その状態のやきもののこともいう。摂氏1100〜1250度くらいで焼き締めて施釉しないものは、素焼きと区別して焼締と呼ぶ。

成形

陶磁器を形作る行程。手作り、ロクロ成形、流し込み、プレス、押し出しなどの種類がある。

染付(そめつけ)

素地に呉須で下絵付けし、その上に釉を掛けて焼いた磁器。青い色は高火度の還元炎焼成による。染付磁器は中国元時代から始まるが、日本には朝鮮陶工の李参平によって17世紀にもたらされ、肥前有田で始まった。

胎土(たいど)

器の素地となる粘土のこと。

叩き作り

成形法のひとつ。内側に当て板を入れ、外から叩き板で叩き締めながら器表をならしていく。

タタラ作り

タタラは板状にした粘土のこと。これを使って思いの形を作り上げる。

土殺し

ロクロ作業の時、粘土を適度な柔らかさに保ち、さらにハリを持たせるために行う作業。両手で粘土をはさみながら下から上へ、上から下へ引き上げ引き下げ、繰り返す。

土取り

土殺しをした後、作るものに見合った粘土の分量を決め、くびれをつけて締めること。その後、上から親指を入れてくぼみを作りながら、粘土を広げて成形していく。

手びねり

ロクロや型を使わずに手だけで成形すること。最も簡単な方法だが、独特の味わいがでる。

飛び鉋(とびかんな)

装飾法のひとつ。ロクロに乗せた器の表面に、へらを当ててロクロを回転させると回転のリズムに合わせて鉋がはね、連続した削り目ができる。飛白文、絣文とも呼ばれ、小鹿田焼、小石原焼などがしられる。

どべ

多量の水でといた粘土の泥水。水溶きの際に粘土の表面にできるヌルヌルした泥のこともいう。集めておいて取っ手などの接着剤にもする。

流し掛け

釉や化粧土の掛け方のひとつ。柄勺などで器に流して掛ける。

生掛け(なまがけ)

素焼きをする前の生乾きの素地に、化粧土を掛けること。

なめし皮

ロクロ成形の時に、器の口の部分や全体を滑らかに仕上げるために使う皮。指でやるよりもきれいな仕上がりになる。

布目(ぬのめ)

型作りの際に。土をはがしやすくするために型に布を置いておくがその跡を紋様として生かしたもの。

登り窯

斜面に沿って窯を重ね、下端を焚き口とした窯。下から順に焚き上げることで熱が順次上がっていって、大量に焼くことができる。桃山時代、朝鮮半島から伝えられた。

刷毛目(はけめ)

装飾法のひとつ。白泥を刷毛で器表に塗る技法。刷毛目の跡が勢いよく走っているほど良い。もともと朝鮮の技法で李朝の作品によく見られる。

バリ

素焼きの作品の口縁や高台のザラつき、取っ手の付け根にできる余分な突起をいう。紙ヤスリや鉋を使って削り取り絵付けや施釉をスムーズにする。

火色(ひいろ)

素地中の鉄分が焼成で赤みを帯びた斑紋となって表れたもの。緋色ともいう。

火表(ひおもて)

焼成の時に、灰が直に当たる前面のこと。灰が多く降り懸かり、焼締で見事な自然釉になることが多い。

火変わり

焼成の時に、炎に当たって釉や素地が変化する様をいう。焦げや赤みなど。

浸し掛け(ひたしがけ)

釉薬を入れた容器に作品全体を浸してしまう施釉の方法。

緋襷(ひだすき)

備前焼など焼締陶に見られる赤い筋状火色。器を重ねて焼成する時、お互いにくっついて溶けるのを防ぐために器物に藁を巻くが、その藁のアルカリ分と素地の鉄分が化合して赤く発色する。その状態を景色として楽しむ。

ビードロ釉

ビードロはガラスのこと。青緑色の透明なガラスのような釉。焼成時に灰が降りかかって青緑色に発色した場合もこういう。伊賀焼や信楽焼のものが有名。

紐作り

成形法のひとつ。粘土を紐状に作り、上に巻き上げながら成形していく方法。形ができたら表面は板で叩いたり、手でならして平らにする。巻き上げ、巻き積みともいう。初心者でも出来る技法。

吹き墨(ふきずみ)

装飾技法のひとつ。絵具を霧状に吹き付ける。型紙を置いて呉須を吹き付ける染付吹き墨が有名。

縁なぶり

ロクロ成形の装飾法のひとつ。器の口縁を変形させる。全体の形を作ったらロクロの回転をゆるめ、指で一定のリズムで口縁を波状に押し広げる。

へら掘り

へらを用いて器表を掘り模様を表すこと。その模様をへら目といいロクロ目と対比していう。

ぼた餅

焼締に見られる赤く丸い斑紋。作ろうとする器の上に、小さな器や陶土などを乗せて焼くと、そこだけ灰がかぶらずに赤い丸紋になる。それを称していう。

本焼き

釉を掛けた後、高温で焼くこと。素地を焼き固めて釉を溶かし、やきものを仕上げる工程。

丸物

ロクロ成形のやきもの。これに対して、タタラ形成によるものを角物という。

見込み

茶碗や皿の内側の部分。「見込みの模様がいい」などと使う。

水挽き

ロクロを回転させながら、粘土を伸ばしたり縮めたりして器の形を作ること。手がよくすべるように水をたっぷりつけて作業するところからこういう。

焼締(やきしめ)

作品の素地に釉薬を掛けないで堅く焼き上げること。備前、越前、伊賀、信楽など。

釉ダレ

素地に掛けた釉薬の流れた跡が残ること。流れやすい釉薬を部分的に厚く掛けて、流れた跡を景色として楽しむ。

釉はがし

素地に付いた余分な釉薬を削り取ること、またはその道具。特に高台の底はしっかりはがすことが大事。歯ブラシなどで代用できる。

窯変(ようへん)

焼成中、素地や釉に偶然に生じた色や状態の変化。土、釉、炎、器物が置かれた場所などによって、複雑な変化が起こる。